2017年10月15日

松之山ストーリーズ ~絶景の松之山~

松之山ストーリーズに、雲海撮影について佐藤一善さんに聞いたインタビュー記事をアップしました。

http://www.matsunoyama-onsen.com/2017/10/14/01-11/



雲海について話しを聞こうと思ったのですが、


思いがけず松之山の年間を通した風物詩的なお話まで聞けて、


素晴らしい記事になりました。


写真が素晴らしいのはいうまでもありませんね。


Photo by Ichizen Sato

Photo by Ichizen Sato  

Posted by ちとせ若旦那 at 09:25Comments(0)山遊び松之山あれこれ松之山の価値

2017年10月04日

祝 受賞! GOOD DESIGN AWARD 2017

なんと!松之山温泉の取組み(まちづくり)が

GOOD DESIGN AWARD 2017 を受賞いたしました。








これもひとえに2008年の松之山温泉合同会社まんまの設立から、


様々な場面でご縁を頂き、ご指導ご教示を頂戴した皆々様のお陰でございます。


心から感謝申し上げます。


いよいよ身の引き締まる思いで、


受賞の名に恥じぬようこれからもさらなる努力をいたします。


松之山温泉ストーリーズも是非ともご覧くださいませ。







  

2017年09月21日

地炉の奇跡?「地炉と眞ちゃんと、幸っちゃん」??

うまさぎっしり新潟コンセプトブックに登場するまでになった「地炉」




プロモーション!キャンペーン!一辺倒だった反省も含めて、


「新潟のうまさには理由がある」という食のストーリーをテーマにして各地域ごとに取り組む事になりました。


魚沼・妻有地域のコンセプトは ↓




雪との共存「雪国文化」


どこかで聞いたことありますね~



  

Posted by ちとせ若旦那 at 10:32Comments(0)

2017年09月21日

新潟・松之山の奇跡!?

新潟・松之山の奇跡!?



7月に開催された、



新潟・松之山“奇跡のダイニング”



ディスカバージャパン10月号に見開き4ページにて掲載されました。








松之山の価値、


美人林の価値の


新しい切り口になればと思います。


#松之山ダイニング
#松之山温泉
#松之山ストーリーズ
#ひなの宿ちとせ
#TAKAZAWA
#シニフィアン シニフィエ


  

2017年08月27日

グッドタイミングな棚田ランキング第1位「里山の絶景」

テレビ放映で感動!
http://iiyado.tv-tokyo.co.jp/smf/static/tabiticket_tokamachi2.html


新聞記事で納得!!
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO20324240U7A820C1W01000?channel=DF140920160941


そしてそれを体験!!!

グッドタイミングな流れとなりました。



ガイドの佐藤一善さん宜しくお願いいたします。
  

Posted by ちとせ若旦那 at 09:47Comments(0)TV放映新聞記事

2017年08月26日

驚きの連続でした! ダイニングアウト佐渡リバイバル2017

昨夜は鼓童の演奏で始まったダイニングアウト佐渡リバイバル2017にお邪魔いたしました。



今回も高澤シェフのイマジネーションは驚きの連続でした。

道遊の割戸からにいがた和牛が出てきたり、砂金採り体験宜しくの茶菓だったり、

佐渡産黒鮑は海中での鮑の様子を盛り付けに表現され、

佐渡各地の夏祭り花火大会が鮮やかなお皿となっていたりと、

佐渡の海や生活、歴史風土が楽しく、美味しくメニューに表現されていました。


同行した倅も興奮気味に全てを平らげました。

今までに無い、食での刺激を受けたようです。

家族一同大満足の一夜でした。


佐渡土産の定番、イカ徳利(結構ベタなモノとして今まで試した事無かった)に、

熱々の佐渡地酒「金鶴」が注がれたイカ徳利熱燗と、

これまた佐渡新潟の地魚の王様であるノドグロ(イカ墨が皮目に塗ってあり、腹だけでなく皮も真っ黒…笑)が絶妙。

当然、お土産に買ったのは言うまでもありません。

#ダイニングアウト佐渡リバイバル2017

#高澤シェフは松之山ダイニングでも料理を披露
  

Posted by ちとせ若旦那 at 16:54Comments(0)食いしん坊!美味い!

2017年08月20日

申し訳ございませんでした。

本日までに、ひなの宿ちとせに、ご予約のお電話を頂戴したり、

HPや予約サイトから、ご予約を試みてくださった方、

大勢いらっしゃいました。

せっかくのお問い合わせをお断りしてしまい、

本当に申し訳ございませんでした。



明日からは少しお部屋に余裕が出てまいります。

少し遅い夏休みに、

日本三大薬湯での温泉療養など、

いかがでございますでしょうか?  

Posted by ちとせ若旦那 at 16:24Comments(0)大地の芸術祭

2017年08月18日

Relux

雪国の短い夏もあとわずか…
すすきの穂が出始めましたね。
里山の秋は収穫と、彩り、そして味わいの季節です。

さあ!リラックス



  
タグ :Relux

Posted by ちとせ若旦那 at 18:58Comments(0)ここならでは

2017年08月15日

豪華なコラボが実現!

豪華なコラボが実現した「朝湯治手拭い」



あえて、漫画でマニュアルっぽく、

あえて、サムライが江戸時代風に、

そして、あえてカナ文字を使って、

「雪国朝湯治手拭い」が出来上がりました。

そんでもって豪華なのが、製作に関わって下さった方々です。

長岡出身の温泉エッセイストで松之山温泉が大のお気に入りな
山崎まゆみさん

そしてそして、やっぱり長岡出身の超有名漫画家
小川悦司さん

代表作には「すしいち!」「中華一番!」など、TVアニメにもなっていますね。

本当に素晴らしいご縁を頂戴いたしました。

温泉が取り持つ豪華なコラボです。

そいて、この手拭いはどこで入手できるのか?というと、

松之山なら、松之山温泉の里山ビジターセンター、ナステビュー湯の山、そしてひなの宿ちとせ、

越後湯沢駅周辺はHATAGO井仙、みなかみ町なら、法師温泉長寿館と上牧温泉辰巳館、

限られた場所のみでの取り扱いとなっています。

そういえば、この方もユーザーでした。




  

Posted by ちとせ若旦那 at 15:25Comments(0)

2017年08月14日

朝湯治って、ご存知ですか?

雪国朝湯治の巻


(サムライ?が登場する漫画マニュアル手拭い『朝湯治のすすめ』

いま、温泉は多様化していて、

ここらへんでも市町村ごとに何処にでもある日帰り温泉施設や、

都市部のほうに多くなってきたテーマパーク型日帰り温泉、

最近は屋内でグランピングも楽しめるところもあるそう。

温泉が多様化してきたというより、お客様が多様化してきたという事なのでしょう。

だからこそ!

私たちがこだわり、提案したいのが「朝湯治」です。

まぁ本来なら湯治とは1週間単位で療養された歴史があるわけですが、
 
さすがに、今の世の中では厳しいものがありますね。

そこでです、

温泉の療養効果の中で、もっとも高いとされている「転地効果」と「身土不二」。

この、大きな湯治効果を1泊でも味わえてしまうのが、

早朝のすごし方だと思うんです。

どこに行っても温泉の朝は、早くから目覚めてしまいます。(何故でしょう?)

直ぐ朝風呂って方もいらっしゃるかもしれませんが、

ちょっと頑張って、土地ならではの朝の空気を吸い込みに散歩に出ませんか?

天気も良ければなお良し、朝日を浴びればなおも良しです。

その後の、地元の土地から湧き出る「お水」を1杯!・・・コレ、かなり重要!!

それから朝風呂にゆっくりとお入りください。

もちろん、お風呂上りには地元の土地から湧き出る「お水」をもう1杯!です。

さぁ~て、そろそろ朝ごはんです。

松之山温泉でのごっつおは抜群の十日町産特A1等米コシヒカリと、

「この土地で、この土地の旬のものを食べて欲しい!」とスタートした松之山朝まんまプロジェクト。

まさに「身土不二(その土地のものをその土地の旬に食することが身体には良い)」という、

湯治の歴史、ストーリーが根付いている考え方なのです。

現在では松之山の取組みが新潟県全体に広がり「にいがた朝ごはんプロジェクト」となっています。

話は少しそれましたが、

その土地の清らかな空気、水、土、食、に触れる事は、

湯治にとって、もっとも大切な転地効果が高いわけです。

というわけで、朝湯治はたった1日でも気分も効果も上々です。

そしてここからが私が一番伝えたい事かもしれません

それは、朝ごはんを食べた後の「二度寝」です。

食っちゃ寝の贅沢こそも、朝湯治の大きな魅力です。

ひなの宿ちとせではお客様のご希望が無い限り、

チェックアウトされるまで、お布団はそのままです。

  

Posted by ちとせ若旦那 at 10:01Comments(0)温泉街ここならでは雑誌紹介露天風呂

2017年08月12日

新潟 ステーキ 検索

小学生の時のプロフィール、好きな食べ物?に「ステーキ」と書いた食いしん坊の私です。

先日、新潟市で出張の際、無性にステーキが食べたくなり、

近くにあるステーキ店をスマホで検索してみました。



その検索結果は何と!




新潟県、ステーキで引っかかったとはいえ、トップになってました。


ありがたい事です。


と喜んでは見たものの、松之山まで戻ってステーキ食べるわけにもいかず、


再検索して、近くのステーキ屋さんで待望のステーキを頂きました。



お陰様で、松之山郷のステーキランチが大好評です。


本日は、松之山郷開店30分ほどで満席・終了となってしまいました。


お断りしてしまったビジターのお客様、大変申し訳ございませんでした。  

Posted by ちとせ若旦那 at 16:00Comments(0)食いしん坊!美味い!うれしい!

2017年08月12日

にいがた和牛と新潟県産牛の違いってご存知ですか?

消費者にとってややこしいところですよね。


っていうか、それって違いがあったの?


そもそも和牛と表示してよいものは、


黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種だけ。


そして「にいがた和牛」とは、

(1) 黒毛和種の去勢牛又は、未経産牛であり血統が明確であるもの。

(2) 新潟県内で肥育され最長飼養地が新潟県内であるもの。

(3) 品質規格等級において「A」「B」3等級以上のもの。

(4) 家畜個体識別システムにより、生産から出荷までの移動履歴の確認が出来るもの。

となっています。


それでは新潟県産牛って何?ってことですが、

県内(国内)で育てられた

(1)和牛以外の肉用種、

(2)乳牛(ホルスタイン)と和牛をかけ合わせた交雑種、

(3)乳用種の雄などを指す。

なんだそうです。


わかったようなわからないような?!


とにかく一番分かりやすくいえるのがお値段の違い!


にいがた和牛のほうが3~4割増です。


肝心な味のほうは間違いなく5割増以上でしょう。



国産牛と輸入牛とをわかりやすく表にまとめたのがコチラです↓






  

Posted by ちとせ若旦那 at 15:35Comments(0)ここならでは美味い!

2017年08月12日

にいがた和牛

『ひなの宿ちとせ』は、にいがた和牛推進協議会メンバーの料理店となっています。


とっても美味しそう!


越後妻有(十日町市・津南町)での協議会メンバーは以下にございます。
(販売店(赤)、販売・料理店(オレンジ)料理店(青))




  
Posted by ちとせ若旦那 at 15:10Comments(0)ここならでは美味い!

2017年08月09日

厳選いい宿 まとめ版



8/11(金・祝)】の早朝に

テレビ東京「厳選いい宿」の

特別編と題して制作している

着地型旅行の内容を

全てまとめて放送するようです


放送日:8/11(金)

放送時間:朝6:00~7:00(予定)

内容:厳選いい宿特別編 まとめ版


  

Posted by ちとせ若旦那 at 09:58Comments(0)TV放映

2017年08月06日

目指すイメージ



あっ、もちろん、


勝手に決めたものではございません。


温泉街の住民の皆様からの


様々なご意見を


イメージパースにして頂いただけのものです。


できるところから


すこしづつ


かくじつに


やりつづける!
  
Posted by ちとせ若旦那 at 18:26Comments(0)温泉街

2017年08月06日

ほんやらの露天

「ひなの宿ちとせ」には


「露天“月見の湯”」と


「ほんやらの露天」の


2つの露天風呂がございます。


「ほんやらの露天」は山側なので


越後杉を使って雪国情緒の雪囲い



  

Posted by ちとせ若旦那 at 18:20Comments(0)温泉街うれしい!

2017年08月06日

越後杉の「雪囲い」で雪国情緒を

【温泉街景観シリーズ】


色々な見方はあるにせよ


やり抜けば


それが風景を作る可能性はある






  

Posted by ちとせ若旦那 at 18:11Comments(0)温泉街

2017年08月06日

湯煙の谷

【温泉街の景観シリーズ】


湯煙りがすばらしい景観を作ってくれています。






雪きりの形状のLED街路灯です。






  

Posted by ちとせ若旦那 at 17:51Comments(0)温泉街

2017年08月06日

緑青

【温泉街の景観シリーズ】



温泉街にはまだまだ緑が少ないけれど


緑青のロゴバナーがいい雰囲気です。

  
Posted by ちとせ若旦那 at 17:41Comments(0)温泉街

2017年08月06日

印象がだいぶ替わりました。

【温泉街の景観シリーズ】


「越後杉」を使って、


雪国の冬囲いをイメージ。





  

Posted by ちとせ若旦那 at 17:31Comments(0)温泉街