スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by LOGPORT運営事務局 at

2018年08月20日

最高のシェフ2人と松之山の間には、深い関わりがある。2人の幼少期は、松之山の自然と共にあった。




最高のシェフ2人と松之山の間には、

深い関わりがある。


2人の幼少期は、

松之山の自然と共にあった。
strong>

松之山ストーリーズ

http://www.matsunoyama-onsen.com/2018/08/18/01-22/

記事後半で松之山ダイニングムービーもご覧いただけます。  

Posted by ちとせ若旦那 at 18:51Comments(0)松之山あれこれここならでは美味い!

2018年01月16日

松之山温泉がトラベルjpに紹介されました。

松之山温泉を知らないなんてもったいない!

松之山温泉がトラベルjpに紹介されました。


グッドデザイン賞受賞の温泉街の取り組み、


濃厚で個性的な源泉、


温泉を利用したご当地グルメ、


そしてお婿さんを放り投げたり顔に墨を塗り合う謎の行事まで!?


松之山温泉の魅力をまとめてご紹介!


  

Posted by ちとせ若旦那 at 17:01Comments(0)美味い!

2018年01月03日

新年のご挨拶

本年も格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。


元旦の朝は、恒例のお餅つき朝食にて幕を開けました。



スキー合宿の日程により、数年ぶりにお正月に滞在する倅が餅つきを担当。


少々へっぴり腰ではありますが...


何とか役割を全うしました。




2018年、より一層、松之山温泉の価値がお客様に伝わるように。


そして何より、お越しくださったお客様が「松之山温泉に来て良かった。」って思っていただけるよう、


社員一丸となって努力いたす所存でございます。


どうぞよろしくお願い申し上げます。


                       ひなの宿ちとせ(株式会社千歳館)
                          代表取締役  柳  一 成
  

Posted by ちとせ若旦那 at 09:17Comments(0)美味い!うれしい!

2017年08月26日

驚きの連続でした! ダイニングアウト佐渡リバイバル2017

昨夜は鼓童の演奏で始まったダイニングアウト佐渡リバイバル2017にお邪魔いたしました。



今回も高澤シェフのイマジネーションは驚きの連続でした。

道遊の割戸からにいがた和牛が出てきたり、砂金採り体験宜しくの茶菓だったり、

佐渡産黒鮑は海中での鮑の様子を盛り付けに表現され、

佐渡各地の夏祭り花火大会が鮮やかなお皿となっていたりと、

佐渡の海や生活、歴史風土が楽しく、美味しくメニューに表現されていました。


同行した倅も興奮気味に全てを平らげました。

今までに無い、食での刺激を受けたようです。

家族一同大満足の一夜でした。


佐渡土産の定番、イカ徳利(結構ベタなモノとして今まで試した事無かった)に、

熱々の佐渡地酒「金鶴」が注がれたイカ徳利熱燗と、

これまた佐渡新潟の地魚の王様であるノドグロ(イカ墨が皮目に塗ってあり、腹だけでなく皮も真っ黒…笑)が絶妙。

当然、お土産に買ったのは言うまでもありません。

#ダイニングアウト佐渡リバイバル2017

#高澤シェフは松之山ダイニングでも料理を披露
  

Posted by ちとせ若旦那 at 16:54Comments(0)食いしん坊!美味い!

2017年08月12日

新潟 ステーキ 検索

小学生の時のプロフィール、好きな食べ物?に「ステーキ」と書いた食いしん坊の私です。

先日、新潟市で出張の際、無性にステーキが食べたくなり、

近くにあるステーキ店をスマホで検索してみました。



その検索結果は何と!




新潟県、ステーキで引っかかったとはいえ、トップになってました。


ありがたい事です。


と喜んでは見たものの、松之山まで戻ってステーキ食べるわけにもいかず、


再検索して、近くのステーキ屋さんで待望のステーキを頂きました。



お陰様で、松之山郷のステーキランチが大好評です。


本日は、松之山郷開店30分ほどで満席・終了となってしまいました。


お断りしてしまったビジターのお客様、大変申し訳ございませんでした。  

Posted by ちとせ若旦那 at 16:00Comments(0)食いしん坊!美味い!うれしい!

2017年08月12日

にいがた和牛と新潟県産牛の違いってご存知ですか?

消費者にとってややこしいところですよね。


っていうか、それって違いがあったの?


そもそも和牛と表示してよいものは、


黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種だけ。


そして「にいがた和牛」とは、

(1) 黒毛和種の去勢牛又は、未経産牛であり血統が明確であるもの。

(2) 新潟県内で肥育され最長飼養地が新潟県内であるもの。

(3) 品質規格等級において「A」「B」3等級以上のもの。

(4) 家畜個体識別システムにより、生産から出荷までの移動履歴の確認が出来るもの。

となっています。


それでは新潟県産牛って何?ってことですが、

県内(国内)で育てられた

(1)和牛以外の肉用種、

(2)乳牛(ホルスタイン)と和牛をかけ合わせた交雑種、

(3)乳用種の雄などを指す。

なんだそうです。


わかったようなわからないような?!


とにかく一番分かりやすくいえるのがお値段の違い!


にいがた和牛のほうが3~4割増です。


肝心な味のほうは間違いなく5割増以上でしょう。



国産牛と輸入牛とをわかりやすく表にまとめたのがコチラです↓






  

Posted by ちとせ若旦那 at 15:35Comments(0)ここならでは美味い!

2017年08月12日

にいがた和牛

『ひなの宿ちとせ』は、にいがた和牛推進協議会メンバーの料理店となっています。


とっても美味しそう!


越後妻有(十日町市・津南町)での協議会メンバーは以下にございます。
(販売店(赤)、販売・料理店(オレンジ)料理店(青))




  
Posted by ちとせ若旦那 at 15:10Comments(0)ここならでは美味い!

2017年08月02日

【最新版】松之山ストーリーズ

「松之山ダイニング」が松之山ストーリーズに追加されました。


2017年7月8日、


美人林に設営された野外レストランで


「松之山ダイニング in 美人林」
が催されました。



レストラン「TAKAZAWA」の高澤義明シェフと、


ブーランジェリー「Signifiant Signifie」の志賀勝栄シェフが、


一夜限りのディナーを振る舞うイベント。


広く県内外から訪れた人々の心を魅了した料理とは、


一体どのようなものだったのでしょう。



「松之山ダイニング in 美人林」

  

Posted by ちとせ若旦那 at 11:01Comments(0)美味い!松之山の価値

2017年07月31日

フジロック2017

フジロックが凄いのか? アーティストが凄いのか? お客様が凄いのか?


この写真は7月30日(日曜日)の午後23時のフジロック会場のホワイトステージです。



全部が凄いです!!!



今年は雨に始まり雨に終わるフジロックでした。


どピーカンでも、土砂降りの雨でも、なんら問題ない


大盛り上がりのロックイベントです。



地鮎の塩焼きから始まり、ユキマツリでの出展、



そして今年で2年目の新潟県旅館組合の「にいがた朝ごはん」と「地酒の宿」ブース。



怒涛の3日間が終了しました。  

Posted by ちとせ若旦那 at 12:41Comments(0)祭りここならでは美味い!旅館組合

2017年06月02日

松之山の魅力って?

松之山の魅力って?やっぱり人の魅力!

今月の「松之山ストーリーズ」は“雪国でしか食べられない山菜「木の芽」


元凌雲閣さんの板長の滝沢 博さんに「木の芽(あけびの芽)」の魅力について語っていただいています。






雪国の人ならみんな楽しみにしてます。



冷えた酒に最高に合います。



  

Posted by ちとせ若旦那 at 15:13Comments(0)山遊びここならでは美味い!

2017年06月02日

思わず目をつぶって噛み締めたくなる

甘くてとろける衝撃の「湯治豚」を発見!

そんな見出しで、ご存知「ぐるナビ」の旅サイト


「ぐるたび」で紹介されました。



記事どおり、目をつぶってかみ締めています!


松之山温泉の熱だけで「真空低温調理」


温泉街の「手打ちラーメン柳屋」でもチャーシューに湯治豚を使っています。



地域の素材を、地域のエネルギーで調理できる喜び!を、


目を閉じて噛み締めています。




  
タグ :湯治豚

2017年05月05日

当たり前すぎてわからない事

地元にいると、当たり前すぎてわからない事があります。

特に食文化ですね。


見慣れたものに価値を感じず、目新しいものばかりを追っかけてしまったり、


複雑にこねくりまわしてしまう事、よくあります。



松之山温泉から始まった朝ごはんの取組みは新潟県全体に拡がりました。


地域での当たり前のモノとコトを、せっかく来ていただいたお客様に伝えるものです。


食から風景をイメージしていただいたり、土地の営みを感じ取っていただく中で、美味しいお米を食していただきます。


いまさら何!と、お思いのことだと思いますが、


ここに来て、続けざまに取材を受けました。


一つは読売新聞web版「大手小町」


そして何故か、食や旅の番組でない美術番組のBSプレミアム「美の壺」(5月27日予定)


ブレないで続けるとこうなる。


と、思い継続しています。



  

Posted by ちとせ若旦那 at 15:39Comments(0)ここならでは美味い!

2017年03月11日

全国紙デビュー!「湯治豚(とうじぶた)」

日本経済新聞の土曜日版カラー刷り【日経プラスワン】に
「産直の旅」~新潟・妻有 ほんのり赤い湯治豚の甘み~ が掲載されました。



妻有(つまり)10農場でつくる妻有畜産グループのさと松之山温泉のコラボストーリーなのです。
是非、ご覧くださいませ。



【ひなの宿ちとせ 2F 松之山郷の湯治豚丼定食(プチデザート付)1300円

ひなの宿ちとせ2Fの松之山郷のランチプラン、

柳屋のラーメンのチャーシュー、

松之山温泉スキー場雪椿の湯治豚丼、

上記の3箇所にて食べることができますよ。

もちろん!いずれも妻有ポークを使用しています。

#松之山温泉
#湯治豚
#文教大学国際観光学部
#ひなの宿ちとせの湯治豚丼定食1300円
  

2017年01月05日

最初の共同作業

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。



年末から、約1週間のお正月モードが終了し、

引き続き、昨日からは冬休みモード突入、

小さなお子様の楽しげな声も館内で聞こえてきます。

9日までは賑やかな日々が続きます。


さて、ちとせでは恒例の新年のお餅つき朝食も無事にめでたく終了いたしました。

そこで、
何故?お正月にお餅つきをするのでしょうか?




その3つのワケは、、、

1つは、歳神様にお供えするため。

2つ目は、農耕文化の日本ではお祝いには餅つきをする習慣があるから。

そして3つ目、
家族や兄弟、親戚が揃うお正月にこそできる共同作業であるから。

いいですね~ 特に共同作業!



小さなお客様からもお手伝いいただきました。


そんなこんなで「ひなの宿ちとせ」の1年は縁起の良いお餅つきから始まりました。


今年もよろしくお願い申し上げます。











  

Posted by ちとせ若旦那 at 10:59Comments(0)祭り美味い!

2016年09月04日

今井美穂さん扮する銀幕女優「未歩子」のロケ現場

「よっ!銀幕女優、松之山温泉初登場!!」

っていう軽いノリで絡んでください。

と、BSNの深夜番組「新潟ジョシ部」の番組ディレクターからの指示で、今井美穂さん扮する銀幕女優「未歩子」さまと松之山温泉の「地炉」にてロケを行いました。

彼女は松之山温泉は初めてとの事でしたが、大層、足湯や顔湯、そして温泉調理の湯治玉子など気に入ってくれました。

自分のブログにもアップしてくれましたよ。




9月24日・25日に開催される2016国際ご当地グルメグランプリin十日町の番宣です。



松之山温泉まんま出店の温泉ローストポーク「湯治豚」を取材頂いたわけです。


今回のロケは9月20日(火)深夜24:10~24:30の間の2~3分の放送との事です。

是非ご覧ください。とは言えない時間帯です。たまたま目が覚めた方、是非どうぞ。

  

Posted by ちとせ若旦那 at 14:45Comments(0)美人あれこれ美味い!

2016年05月02日

価値が伝わる。

本日、ご利用いただいたお客様から大変うれしい感想(投稿)を頂戴しました。


宿名:ひなの宿 ちとせ
投稿日:2016/05/01 投稿者:●●●●
今回、初めて利用させて頂きました。出迎えから見送りまでスタッフの皆さまが親切で好感度の高いおもてなしをして頂きました。ありがとうございました!
ごはんは非常においしく、すべて白米に合うように計算されているようでたくさんおかわりをさせて頂きました。わがまま言って、たべられない分をおにぎりにして頂き本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
お風呂も薬湯独特の香りで温泉気分を満喫できました。
館内のすべてが畳張だったので子供がストレスなく歩き回っていました。
いろいろ新潟の宿は泊まりましたが、ここの「ひなの宿 ちとせ」さんが最高だと思います。またぜひ利用させてください。次はぜひ、雪の季節に・・。

うれしいです!

目指していること、取り組んでいることが伝わるってことは本当にうれしい事ですね。

これまで以上に十日町・松之山の価値を伝えるために頑張ります。

(下記写真はブログ記事とは無関係です)




  
Posted by ちとせ若旦那 at 19:32Comments(0)美味い!松之山の価値

2016年01月13日

価値が伝わる雑誌①

あまから手帖」って雑誌ご存知ですか?


あまから手帖」は、27年前に関西を拠点に月刊誌として産声をあげ、関西の「食」シーンを見つめ続けて、多くの読者の支持を受けている老舗のグルメ本との事です。
関東圏の情報ソースが多い私たちにはあまり馴染みがありませんでしたね。
でも北陸新幹線によって、関西からの注目度もぐっと上がったということでしょう。

にいがた朝ごはんプロジェクトが紹介されました。


となると、土地のストーリーや背景がきっちりしている松之山温泉の朝まんまへ取材が来るという好循環が続いています。
継続していく事の大切さを実感させてくれる雑誌紹介でした。

温泉や旅館だけでない、妻有・松之山郷の地域の価値を上げてくれることは間違いありません。


  

Posted by ちとせ若旦那 at 10:53Comments(0)ここならでは美味い!雑誌紹介

2016年01月03日

新春お餅つき朝食

毎晩、雪乞いの天気祭りをしている、ひなの宿ちとせ若旦那の柳です。

今年も、お正月恒例のお餅つき朝食を楽しんでいただきました。

(ちとせ板長の耕作している天水越の黄金餅です)

板前2人がリズム良く、美味しくつきあげます。


(以前は、お餅つき名人を頼んでいましたが、今は板前も名人級になりました)


つきたてをすぐにお手の子で、お汁粉、きな粉、おろし餅、お雑煮に入れてお客様に運びます。



(粘りがあるのにキレもある、とても美味しい黄金餅。毎朝10升近くつきあげました)

さすがに板前も疲れが出てきてお客様に助けを求めて!  ではありませんが、

(小さなお客様も頑張ってくれました)

お客様からも新年の初仕事として縁起物のお餅つきをして頂きました。

稲作文化の中心地として、お祝いのお餅つきはとても楽しくこの地域を表すものです。

これからも松之山ならではの風習や食の魅力を、松之山ならではの価値として発信していきたいと思います。


お正月モードは本日で終了ですが、5日までは冬休みモードでのお客様が続きます。

この季節、お客様が松之山へお越しいただく際の重要な要素である「雪」を願わずにはいられません。










  
Posted by ちとせ若旦那 at 11:39Comments(0)ここならでは美味い!

2015年11月24日

「湯治豚」で参戦!


この度、東京はお台場で会津と対決することになりました!
ぜひ、応援にお越しください。
よろしくお願いいたします。


来る12月17日(木)19:00 - 21:30、東京カルチャーカルチャーで、十日町と会津のグルメ対決イベント「ご当地グルメ対決!冬の陣 ~十日町市 VS 会津 の巻~」が初開催決定!

「大地の芸術祭」、「八重の桜(NHK大河ドラマ)」などで全国でも注目を集める両市から市役所職員を先頭に酒蔵や旅館など、グルメや観光のエキスパートがお台場に集結!
十日町は“うまさぎっしり新潟”の意地をかけ、会津は“極上の会津”の意地をかけ、自慢の地酒と食材を持ち寄って繰り広げるグルメ、観光などの自慢合戦を存分に堪能下さい!

十日町からは全国の銘柄豚の食べ比べ第1位の妻有ポークやへぎ蕎麦など、会津からは450年以上の歴史を持つ幻の「会津地鶏」や郷土料理「こづゆ」などが持ち寄られるほか、米どころの炊きたてご飯の食べ比べや地酒の飲み比べも見逃せない!
ご飯は、十日町産魚沼コシヒカリと会津産コシヒカリ。ここ26年間で日本穀物検定協会食味ランキング「特A」獲得数全国第1位と2位という超ライバル!
続いて地酒は、全国新酒鑑評会金賞をここ6年で5回受賞している地酒の蔵元「松乃井」を有する十日町、同金賞受賞酒蔵数3年連続日本一(史上初)の会津。

また、特産品のじゃんけん合戦も予定しているほか、参加者全員にお土産品もご用意して、お待ちしております。
今年最後の東京カルチャーカルチャーは、十日町と会津のどっちのファンにもなってしまう、そんな究極の一夜になります!

チケットのご購入はこちらから!
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_151112205063_1.htm


【チケットに含まれる試食メニュー(予定)】
・妻有ポーク(温泉ローストポーク「湯治豚」、しゃぶしゃぶ)
・会津地鶏(唐揚げ、鍋)
・十日町産魚沼コシヒカリ
・会津産コシヒカリ
・へぎそば
・こづゆ(郷土料理)
・雪下から掘り起こした野菜

【チケットに含まれる試飲メニュー(予定)】
・松乃井
・会津地酒各種
【お土産品内容】
・お米+米処のお餅 など

【出演】十日町市、松乃井酒造場、松之山温泉 ひなの宿ちとせ他、会津若松市他
【司会・プロデュース】テリー植田(東京カルチャーカルチャープロデューサー)  

Posted by ちとせ若旦那 at 00:16Comments(0)祭り美味い!

2015年08月23日

松之山の宝物

今朝、美人林にて日本再発見塾in十日町の朝食をお出ししました。

題して「森の朝食会」ですね。


ご覧のようにとてもシンプルな朝食です。



笹おにぎりとナメコ汁、きゅうりと糸瓜の漬け物、そして薬草茶。

言葉にすると、もっとシンプルに質素に感じます。


が、しかしです。

雨上がりの美人林の空気感の中で、

お米は、あの雲海の星峠の棚田コシヒカリ。柳さんが丹精込めて栽培した棚田米です。

笹は、まんまの達人、眞一さんが山から採ってきて使いやすいようにカットしてくれたもの。

梅干しは、松口の保坂さんの手造り。酸っぱーい!本物。

おにぎりはキョロロのレストランスタッフが中心になりと田辺さん、佐藤さんが優しくにぎにぎ。

お味噌汁の味噌は、tricoの皆さんの手造り味噌をベースに、松之山の山鳩味噌を合わせた田舎味噌で。

豆腐は松代ははちぜんのツルツル絹ごし。

そして具のメインであるナメコは松之山ナメコの朝採りをタップリと。

スキーの仲間である松之山ナメコの植木君が、休日にもかかわらず6時30分に株採りして洗って持って来てくれました。

最高の鮮度と最高の食感、そして最高のトロミでした。

肝心の味噌汁を作ってくれたのはまんまの島田くんと清美さん。まさに絶妙の塩梅でした。

きゅうりと糸瓜ははご存知、美人林近くの松口集落の皆さんの半径500メートル以内で栽培されたもの。

一夜漬けには、うちの親戚の醸造場の山崎の塩麹。あえて麹の粒を残す事で爽やかな風味の一夜漬けとなります。

皆さんが、パリパリポリポリと音を出して1本まるまる食べて頂きました。

そして食後の薬草茶はどくだみ。言葉の強さに反比例して、サッパリと爽やかな風味。

何と言っても、薬草茶も味噌汁も使った水は美人林の橅が育んだ名水「庚清水(こしみず)」

昨夕、女房と一緒に汲みに行ってきました。ここの水は本当に甘くて冷たい超軟水。

特にこの水が今回のこだわりどころ。

目指す「まつのやまテロワール」の肝といっても過言ではないでしょう。。。

と言う事で、美人林の中で出来る朝食に「まつだい・松之山」で出来る最高最適な素材と人材で臨ませていただきました。

これをどう捉えられたかは、お客様お一人お一人の感じ方ではありますが、

美人林の清清とした空気の中で、スタッフ一人ひとりのココロは清々しい気分で森の朝食会を終えました。

車の手配から、ゴミの後片付けに至るまで、ご協力くださった全ての皆様に感謝申し上げます。

また、それ以上にお越し下さったお客様にココロより感謝申し上げます。
















  
Posted by ちとせ若旦那 at 12:39Comments(2)美味い!