スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by LOGPORT運営事務局 at

2016年08月28日

忘れない! その4

忘れない!その4、最終回は「復興に携わった人たち編」

8月19日夜、折からのフェーン現象の炎熱の日であったが、温泉街上部で出火、見る見るうちに延焼してしまった。 全焼9軒、半焼2軒、破壊1軒で、その損害額 1億3000万円。50年前の1億3000万円であるからして、現在の貨幣価値に換算すればその損失額は考えただけでも途方にくれる金額だ。
約700名も滞在されていた湯治客全員が無事だったというのがせめてもの救いである。
(松之山町史より一部抜粋)

あの時の行動があったから今がある!

手探り状態の中でも一致協力して様々な行動を興したそうです。


松之山温泉の復興の立役者たちですね。


私の祖父「柳 政司」です。新潟県知事に陳情している写真が残っていました。

この湯本の大火の後、昭和40年頃の松之山地域は「地すべり」や「雪崩」などにより、農地や観光資源に大打撃がありました。

あの時代は大変な災難と苦労を繰り返した時代といっても過言ではないでしょう。

それと比べると今はどうでしょう?


祖父たちや親父たちの苦労のお蔭で、年間通してお客様が訪れてくれる地域になりました。

今度は責任世代としての私たちの役目として、松之山地域の価値をもっともっと磨き、伝えていく事。であると私は考えています。
  

Posted by ちとせ若旦那 at 17:00Comments(0)温泉街やるべき事

2016年08月27日

忘れない!その3

「忘れない!その2」でお伝えしたあの忌まわしい湯本の大火の続き「復興編」です。

8月19日夜、折からのフェーン現象の炎熱の日であったが、温泉街上部で出火、見る見るうちに延焼してしまった。 全焼9軒、半焼2軒、破壊1軒で、その損害額 1億3000万円。50年前の1億3000万円であるからして、現在の貨幣価値に換算すればその損失額は考えただけでも途方にくれる金額だ。
約700名も滞在されていた湯治客全員が無事だったというのがせめてもの救いである。
(松之山町史より一部抜粋)

私の祖父と祖母からの話によりますと、この復興こそが大変な事だったと!!!
銀行も簡単には融資をしてくれず、どこの旅館もそれぞれに血のにじむような思いで建物を再建したそうです。


当時のちとせの建物の骨組みはどこかの体育館の骨組みを持ってきたとの事でした。

そして建物ができてもお客様が来てくれるようになるまでがまた大変だったと。
あらゆる可能性、やれることは何でもやったとの事でした。

看板に「復興」という文字が印象的です。

マルケ―のバスに乗り込んで県内各所でキャラバン。それも「松之山温泉小唄」か「甚句」の踊りってのは凄いです。

皆さん、知っている懐かしい顔があるでしょう。



  

Posted by ちとせ若旦那 at 16:17Comments(0)温泉街やるべき事

2016年08月24日

忘れない! その2

昨日、その1でお伝えしたあの忌まわしい湯本の大火の続編です。

8月19日夜、折からのフェーン現象の炎熱の日であったが、温泉街上部で出火、見る見るうちに延焼してしまった。 全焼9軒、半焼2軒、破壊1軒で、その損害額 1億3000万円。50年前の1億3000万円であるからして、現在の貨幣価値に換算すればその損失額は考えただけでも途方にくれる金額だ。
約700名も滞在されていた湯治客全員が無事だったというのがせめてもの救いである。
(松之山町史より一部抜粋)

しかし700名の宿泊というのがすごいですね。
もちろん、ちとせも全焼してしまいました。破壊1軒というのがちとせの斜向かいの玉城屋さんです。
壊すことで隣に燃え移るのを防いだという事になります。実際にそれで延焼が止まったわけです。

下記の画像は私の祖父「柳 政司」が記録として撮影した大火後の3枚です。
当時、消防団長を拝命していたそうで、夏の渇水による川の堰止めをした矢先の災害だったそうです。
祖母の話によると、団長による陣頭指揮により、ちとせは女手と従業員さんの協力によりお客様の避難誘導が精いっぱいだったとか。
ですから、昔からのお宝?などは全て焼けてしまったそうです。(お宝があったのか!)


手を付けられなかった状態だったそうです。


遠く十日町や高柳からも消防の応援を頂いたそうです。


共同浴場もこのとおり野天風呂へ

復興に関しての資料は、その3にて後日お伝えします。

  

Posted by ちとせ若旦那 at 09:16Comments(0)温泉街

2016年08月23日

忘れてはならない事 その1

昨日、恒例の防災訓練が行われました。

この防災訓練は今から12年前、湯本の大火から50年を節目に、絶対に忘れてならない事として語り継ぎ、絶対に起こしていけない事として備える為にスタートしました。

しかし年数が経つにつれ、実際にあの災害を経験した人たちも少なくなり、語り継ぐ思いも薄れてしまっています。

もちろん訓練する事は一番大切な事ですが、忘れない事、語り継ぐ事もとっても大切な事です。

防災の見地だけではなく、の観光振興には地域の歴史と事実を踏まえた中での取り組みが必須です。


以下の文章は松之山町史より抜粋したものです。

昭和29年湯本温泉の大火(1954年8月19日)


8月19日夜、折からのフェーン現象の炎熱の日であったが、温泉街で出火、見る見るうちに延焼してしまった。 全焼9軒、半焼2軒、破壊1軒で、その損害額 1億3000万円。50年前の1億3000万円であるからして、現在の貨幣価値に換算すればその損失額は考えただけでも途方にくれる金額だ。

約700名も滞在されていた湯治客全員が無事だったというのがせめてもの救いである。

復興には諸先輩方の血のにじむような努力があり、そのうえで現在の松之山温泉、そして湯本が温泉客で賑わいを見せているのである。

昭和29年8月19日は決して忘れてはならない悪夢であり、またあらゆる災害に対しての教訓として位置付けていかねばいけないのです。
(松之山町史より一部抜粋)

そして以下の画像は、私の祖父「柳 政司」が記録として残したものです。

今回の2枚は大火前(昭和29年8月19日以前)の湯本です。



十一屋さんとちとせの前が盆踊り会場だったようです。



忌まわしい大火災後の写真は次回のブログで掲載します。

  
タグ :松之山温泉

Posted by ちとせ若旦那 at 15:33Comments(0)温泉街

2016年08月22日

愛ちゃん効果?

リオオリンピック!愛ちゃん効果?!

連日連夜、ちとせの卓球ルームがリオの会場のようになっています。

正確には、卓球の予約が盛り上がっております。争奪戦の様相です。

間違いなくみんなが銅メダルを獲得した女子卓球チームの気分になっていますね!

ちとせ多目的ホールは温泉卓球で盛り上がっています。(予約制ではありますが無料で開放しております)

スマッシュ炸裂!!!!

温泉地では何故か卓球が盛り上がりますが、

今回の大盛り上がりは間違いなくリオオリンピック効果ですね!

4年後の東京が待ち遠しいです!  

Posted by ちとせ若旦那 at 10:17Comments(0)ここならでは遊び心

2016年08月15日

遣欧団回想 

新潟県旅館組合遣欧団 スペイン・フランス その3 回想編



色々な意味で、始まりは「スペイン・フランスの旅」がきっかけでした。

「旅」を受入れする人間が「旅」を経験してない!なんて事が往々にしてあります。

世界の観光にショックを受け、私たちの観光の遅れに気付き、行動に駆り立てたのが「雪国観光圏」という広域観光のあり方。


あれから7年経った今、様々な取り組みが現実になってきました。

サクラクォリティーやA級グルメ、地域ストーリーの発掘、etc 

観光が観光業者だけで完結するものでない、地域のまちづくりを形成する総合産業であることの証しが、

少しづつ少しづつ動いてきました。

動き出すまでがまっこと大変ですが、ここからの加速は乞うご期待の程を!



  

Posted by ちとせ若旦那 at 17:59Comments(0)やるべき事

2016年08月14日

フランスで温泉旅館を再現?

2009年若旦那&若女将の挑戦 その2

フランス編です。


ビジットジャパン大使に任命されているご存知「山崎まゆみ」さんと、パリ在住エスパスハットリ・日仏文化交流会会長「服部祐子」さんのご尽力で、パリに温泉旅館を再現!なるイベントに挑戦してきました。


素晴らしい仲間との価値と時間の共有でした。

  

Posted by ちとせ若旦那 at 17:22Comments(0)やるべき事遊び心

2016年08月13日

スペインで餅つき?世界最大級の旅行博出展その1

スペインはマドリードにて餅つき!


とはいっても、今から7年前の事ですが。(当時、新潟県旅館組合青年部長を仰せつかっておりました)

でもこの体験が色々なつながりの基になりました。

まずはその1です。


何事もやってみなければわからないものですね。

素晴らしい仲間との経験でした。
  

Posted by ちとせ若旦那 at 17:08Comments(0)やるべき事

2016年08月11日

食べログ 旅館

これまでも新潟県観光満足度調査や、松之山温泉単独の満足度調査を行ってきましたが、やはり結果は気になるところですね。

満足度ってのは期待度と大変関連性があるので、同じことをしていてもご利用のお客様の価値観や、お持ちの情報によって、かなり異なってくるものだと思います。

そんな中「食べログ」の旅館の夕食ランキングなるものを発見しました。

食べログ 旅館 新潟 夕食ランキングで検索すると

なんと新潟県で3位になっている!!

でも点数が低すぎる!!!多くのレビューが集まっていないので信憑性も怪しいところではありますが、、、

悪い気はしませんね。いえいえそれどころか素直にうれしいです。


是非気になる旅館を検索してみてくださいませ。
http://tabelog.com/niigata/rstLst/ryokan/?Srt=D&SrtT=rtd&sort_mode=1  

Posted by ちとせ若旦那 at 16:23Comments(0)ここならでは