2017年07月26日

「格付け」と「品質認証」

「格付け」と「品質認証」 


格付けとは、調査会社が独自で対象施設を選定し、非公開の調査項目に基づき調査を行うのが格付け。主な事例はランキングやアワードなど。


それに対して品質認証とは、公開された調査項目に基づき、施設自らの意思で申請された調査内容を調査機関が認証を行う。主な事例はISOや検定など。

施設自らの意思!

というところが大切なところです。



格付けと品質認証はそもそもが別物なのです。



今年度から雪国観光圏だけでなく、全国13の観光圏でこの取り組みを進めています。



昨日は雪国観光圏代表理事であり、湯沢温泉旅館組合長でもある井口智裕氏よりお越しいただき、サクラクオリティーの事業説明会を行いました。
「格付け」と「品質認証」



ちなみに私も雪国観光圏では専務理事を仰せつかっております。尚も新潟県旅館組合副理事長として今年度から組合全体でも品質認証「サクラクオリティー」について取り組みを始めます。

そしてこの事業、雪国観光圏の一丁目一番地として「松之山温泉」は早速7軒の施設の参加からスタートします。



課題を認識し、改善できる項目はそれを修正しながら、お客様に対して品質を担保する。品質認証の目的はプロモーションではなく、経営改善です。



さらに訪日外国人が安心して施設を利用していただくためには品質認証を地域全体で取り組む事が重要です。キャンペーン一辺倒のインバウンド政策ではなく、地域全体で自らの努力でお客様を迎え入れようという環境整備こそが地域づくりであり、地域のブランドだと思います。



この事がサクラクオリティーの真髄です。



十日町地域で、この品質認証制度「サクラクオリティー」に参加するのは、現在のところ松之山地域だけのようです。




そもそも当初は十日町市観光協会内の会議室で予定されていたものですが、観光協会からの周知の結果、松之山地域以外の参加者がゼロということで、2日前に会場まで松之山温泉になりましたとさ・・・。



同じカテゴリー(やるべき事)の記事画像
伝わった? 「過ぎた」温泉
目指すもの!「観光まちづくり・・・DMO」
そのデザイン、明日を変えるヒントかもしれません。
温泉街の景観が!!
国際交流 伊コモ市との食文化交流
松之山ブランド
同じカテゴリー(やるべき事)の記事
 伝わった? 「過ぎた」温泉 (2017-11-09 12:47)
 目指すもの!「観光まちづくり・・・DMO」 (2017-11-07 11:36)
 そのデザイン、明日を変えるヒントかもしれません。 (2017-04-30 09:34)
 温泉街の景観が!! (2017-04-29 15:38)
 国際交流 伊コモ市との食文化交流 (2017-04-24 10:13)
 松之山ブランド (2017-04-07 11:00)
Posted by ひなの宿ちとせ社長 at 09:26│Comments(0)やるべき事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。